最近の記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界らん展で考えたこと。 

20100215_3.jpg

世界中のランが集まる「世界らん展日本大賞2010」に行ってきた。場所は東京ドーム。普段は野球選手たちが走り回っているグラウンドに、作品やらラン業者のブースがところ狭しと並び、狭い通路には人がひしめくというものすごい状態。訪れたのは15日。月曜日ですよ! いくらシニア層がコアな客層とはいえ、かなりの熱気に当てられてしまった。

続きを読む

スポンサーサイト

D.O.G.U! 

20100206_dogu.jpg
手前に移ってるのは埴輪だよ

気になっていた「国宝 土偶展」に滑り込みセーフな感じで行ってきた。英国から一時帰国中かつ翌日にまた渡英するという友人を半ば拉致して東京国立博物館(上野)に連れて行き、縄文スーパースターたちの姿を堪能した。



続きを読む

let it snow  

20100201_01.jpg
写真は相変わらずオカーサンケータイ(omnia)で撮影……一年経ったけどまだ撮影機能を使いこなせてない

天気予報通り、夕方から東京は雪になった。雪が降るたびに書いていることだけれど、どんなに寒くても雪が降ってしまうと、「ま、いっか」という気分になってしまう。すべて、すべて、白く覆ってしまえ!


ブログの更新なんていっといて、1年間の12分の1が終わってしまった。誰かが言っていたけれど、人間って1日に活字にできる量っていうのが決まっているのかも知れない。昨年は後半から活字にしなければいけないことが多すぎた。もちろんこれは、生きるための仕事のほうの話。あ、自宅のパソコン二台(一台はサブ)が立て続けに逝き、暫定的にネットブックを使用することになったというのも大きな理由。最近、ようやく思うように文章が打てるようになってきたから。

1ヵ月終わったけれど、今年の目標に、「作戦を持って話す」を加えたいと思う。自分は、交渉下手すぎ。仕事を雪のために早めに切り上げたので地元の本屋さんが閉店する前にすべり混んだところ、明石康さんの『「独裁者」との交渉術』が目に入った。読書に置いて小説熱が収まってきたので、また新書タイムに突入の兆し。ちなみに、藤原正彦氏の『日本人の矜持』が文庫になったので冬休みに読んだ。教育者となる人には実践せずとも(してもいいんだけど)、頭の片隅にそういう見かたもあるのだという思いを置いておきながら、教壇に立ってもらいたいなあと感じた。いったん日本の外に出てみたから余計にそう思うんだろうと思けど、こういう考えは外に出てしっかりと生きるためのベースだと思う。

明けましておめでとうございます 

2010年、明けました。
ゼロ年代を過ぎて、また新しい10年。
どんな一年になるのでしょうか。

今年の目標は、とりあえずブログを頑張って更新する?かもしれません。

タマネギを叫ぶ 

仕事がぐじゃぐじゃしていればいるほどランチは気張りたくなるものですが、毎日オフィスの下のちょっぴりプライシーなデリで100グラム買いをしているわけにもいかず。そんなわけで、ときどきサブウェイが登場する。サブウェイだってそうそう安いものではないのだけれども、やっぱりその場で挟み込んでくれるサンドウィッチの味っていうのは、いつ挟まれたものなのかわからない三角のやつよりも格段においしく感じてしまう。たとえチェーン店であっても。

そんなわけで先日もサブウェイに。でもそんな私のオアシス的なところで自分自身の存在を揺るがすような出来事に出会うとは思いもしていなかった。そうだな、「オリーブ事件」とでも名付けようか。

サブウェイではサンドウィッチの種類を指定しパンを選ぶ。それから野菜の好みをいい、ドレッシングを決めて、精算する。

肉肉しいものを食べたかったこの日、これまでに頼んだことがなかったローストビーフサンドを注文。パンはウィート、野菜はタマネギ抜き。ドレッシングはとりあえずはおすすめのものをいただくつもりだった。

「タマネギを抜いてください」と、声をかけると、「オリーブ抜きですか」
「いや、そうじゃなくてタマネギを…」 「オリーブですね」
「……タマネギを抜いて」「オリーブ多めで」
「タ・マ・ネ・ギ を抜いて」「オリーブ多めですね」
「…ハイ」

正直ここまでいってオリーブと言い続けられると、自分は「タマネギ」と言っているつもりなのに「オリーブ」と言っているのかもしれないと思ってしまったり。ちゃんとタマネギといっているのだろうか。

ちょっと怖い。今度、私がタマネギというのを聞いてほしい。


【夏フェス】ルッキング・バック・夏フェス2009 

フジロック2009メイン

フジロックどころか、サマーソニックも終えた。まだまだ「夏フェス」と呼ばれるものは続くが、私自身にとってはほぼ終了。ああもう、ただ暑いだけの夏しか残っていない。

今年は自分らしく夏フェスを楽しめたと自負している。あちらこちらちょっとずつという見方は本格的に止めて、必ず見たいものを押さえて、余力が残っていれば見に行くというスタイルを徹底。そうしたらいつもよりもバンドの数を見ることができたというおまけがついてきた。なぜに?不思議だ。

続きを読む

フジロック、今年は奥まで行くぞ! 

fujirock.jpg

今週末はフジロック。絶対予定通りに行かない、動き予定を立ててみました。今年は、いろんなのをちょとずつ見たい!というノリ。そのなかでも、絶対見たかった忌野清志郎 スペシャル・メッセージ・オーケストラと EASY STAR ALL STARSががっつりかぶっているのが涙…。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。